ブー ホァン ドク

創設者 – CEO

私たちのお客様に敬意を表してご挨拶を申し上げ、皆様のご発展とご健康を心よりお祈りしております。私は日本で生活し、働き始め、20年間が経ちます。
現代の日本における各産業や農業の発展に少しでも関わるために、努力を重ねることを決意し、様々な生活や仕事の環境の中で多くの経験を培ってきました。

2002年: 日本にて、ホァンドク株式会社設立

2004年: ベトナムにて、 LAPDUC有限会社設立

2017年: 戦略的株主 SNCD合資会社 (VietNam)

2019年: 工場で100%出資を購入 –  八千代ドリンクズ日本の合資会社.

トレーディング事業 – サービス – 輸出入

関係部署70名のスタッフと役員と共に

日本品質の製品をベトナムの皆様に提供するために、最新の技術や機械設備を活用することを常に心掛けております。最高品質の信頼できるブランドを提供して参ります。

単なる利益や個人のためでなく、持続可能な成長を続けていくための努力を重ねていくという皆様と共通の目標を持ち合わせています。 成功は単なる数字で表されるものではなく、私どもと戦略的な協力関係にあるパートナー、サプライヤー、そして、製品に対するお客様の満足を達成してこそ、初めて成功と表現できると考えております。

現在、私たちはベトナム企業と共に製造や販売の促進の活動の中で培った経験を皆様と共有し、日本企業がベトナムにおいて安心して投資活動を行い、事業展開の方向性を見定めることができる環境づくりを行っています

高品質の確約と保証

“威信-品質-尊敬”

あらゆる活動のなかで信頼できるパートナーになるために

以上

ホァンドク株式会社は2002年に設立された輸出入貿易会社で日本の機械類やフォークリフト、重機を中心とした重工業・ハイテク農業設備を取り扱っています。 その中でも、フォークリフト、電動式フォークリフト、油圧式フォークリフト、ディーゼル式フォークリフト、ハンドリフトといったリフティング機器は弊社の主力製品となっています。

顧問

– 技術顧問:HAJIME OKUIZUME

– 経営顧問:農業博士KAZUNORI KATO

事業分野

– 購買:フォークリフト類(フォークリフト,電動フォークリフト,油圧フォークリフト,ハンドリフト),工業・農業・漁業用産業機械

– 輸出: LAP DUC有限会社

主にオーストラリア,カンボジア,ラオス向け輸出

私たちは取り扱う中古製品は、トヨタ、コマツ、三菱、日油、日産、TCMといった大手ブランドから直接仕入れたものです。製品の品質は新品の85%以上保たれており、原産地が明確で、輸入前に徹底的に点検されています。